FX手法大辞典

FXの手法をインジ別に分類していきます。FXの2chのまとめや、FXの手法をまとめ、研究や検証のため見やすく分類したブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トレンドに逆らったスキャルピングは厳しい



5.「厳しい」トレード



31 名前:Trader@Live![sage] 投稿日:2009/10/10(土) 18:06:50 ID:5OC2WtSc
5.「厳しい」トレード



ドル円を1時間トレンドをフォローしロングポジションのみ建てるならば、
リターンは20ポイントでなく50ポイント前後は取れるでしょう。
重度のポジポジ病の方はロングだけでなくショートも建てたくなります。



ショートのエントリーは「厳しい」トレードになりますので、
エントリーも「厳しく」します。
ショートですから分足レジスタンスでエントリーですが、1時間はアップトレンドです。



分足のレジスタンスなんて簡単にブレイクします。
そこで「ブレイクされてから」エントリーします。
ドル円でしたら最低10ポイントブレイクでエントリーします。



そこから更に10ポイント上がるようでは潔く損切りします。
ドル円で20ポイントもレジスタンスをブレイクされた時点で負けを認めるべきです。




そして利益確定はサポートまで欲張りません。
1時間でアップトレンドですからサポートの上で反転し底値を切り上げてくるからです。
ここで不確定要素を甘受しなければなりません。



それは「1時間でアップトレンドだから、分足サポートよりも上で反転上昇するのはわかる
。だけど、その具体的な反転ポイントは何処なのか?10ポイント上なのか30ポイント上なのか?
リトレイスは2分の1か3分の1か?」ここがアンクリアなのです。



テクニカルと言えどもしょせんは分足チャートです。
リトレイスを分析しきれるものではありませんしそれに尽力する事はナンセンスでしょう。



10分の1しか戻さずに高値更新しても不思議ではありません。
「厳しい」トレードをする時は、このアンクリアを甘受しイグジットを決定せざるを得ないのです。




ですから、「厳しい」トレードの時だけ1:1とする事も正しい選択の一つですが、
それは中級者です。上級者を目指すなら最低でも1:2を心掛けましょう。



この1:2ルールを自らに課すと上達します。
エントリーをより洗練するようになります。
1時間トレンドに逆らう為にイグジットがアンクリアになる負荷に、損小利大の負荷も負うのです。



残されたエントリーを昇華させるしか勝てないからです。
「5分足で10ポイントなら駄目だ。20分足なら?
それとも5分足なら20ポイントブレイクアウトでエントリーしてみようか。」と自らが検証し上達するのです。



ここで「損切りを20ポイントにしてみようか」と思うようではアマチュアです。
イグジットはきめ細かくです。
リミットがアンクリアなのにストップを簡単に倍にするようでは駄目です。




関連記事

スポンサーリンク


[ 2013/05/18 12:54 ] スキャルピング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

石橋ワタル

Author:石橋ワタル


FXでは手法が大事です。
いや、FXで手法なんて何でもいいって聞いたけど。
いや、手法よりもメンタルが重要だって聞いたよ。

手法、メンタル、資金管理、聖杯!?

とりあえず、手法集めるの好きです。


そんな私は、木造アパート風呂なし共同トイレの3畳間居住、裏の豚骨ラーメン屋の換気扇からの風が直接流れ込み豚骨の臭いが充満している部屋でトレードしてます。


さらに、となりのブサイク劇団員カップルの営みの声がまる聞こえな俺の叫びを聞いてくれ!

FX 手法 関連記事(タグリスト)

FX 手法 最新記事
最新トラックバック
カウンター
ブログランキングに戻る
戻るかたはこちらからどうぞ
逆アクセス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。